フランチャイズを利用すれば塾を安く開業できる

技術の進歩

レジ

無駄をなくす

POSは、商品を販売した場合の売り上げ実績を品物単位で集計するレジのことです。POSを導入する利点としては、商品の販売実績や名前、価格、日時を集計する為に経営者にとって売り上げ動向が把握しやすくなります。また、年齢層、天気、性別なども把握することができチェーンストアでは普及しています。コンビニエンスストアなどの大手などはPOS専用システムで普及して、通常の店舗などでは一般的なパソコンにPOS用の周辺機器をセットして使えるものもあります。このパソコンでのPOSでは、どこのメーカーでの機械にも対応できるソフトやハードがあるため機種変更の際も導入資金が少なくて済みます。POSを導入、使用する場合、集計を容易にするためにバーコードが必要不可欠になります。バーコードは数値や文字を表す縞模様のもので商品の情報を一次元のコードに変換したもので、機械がデジタル情報として読み取りやすくしたものになります。日本ではJANコードという共通商品コードが基盤となって使われています。インストアーコードというものもありますが、これは店舗独自に使っているプライベートなマーキング方法になります。最近のPOSシステムは、技術の発展に伴い、小型化が進んでいます。通常のタブレットパソコンにアプリをインストールすればインターネットを通じてレジに繋がる仕組みになっています。技術の進歩は、レジスタッフの削減、レジ待ちの短縮、決済方法の多様化に繋がります。