フランチャイズを利用すれば塾を安く開業できる

法人設立の基礎知識

ビル

法人設立の流れ

香港で会社(有限公司)を設立する方法は2つあります。それは自分で一から会社設立をする方法と、既に設立されている会社を買い取る方法です。この既に設立されている会社のことを「シェルフカンパニー」といいます。香港ではこのシェルフカンパニーを買い取る方法も多く使われています。一から会社設立をする場合、まず株主、取締役、会社秘書役を定めなければなりません。株主や取締役に、国籍や居住地の制限はなく兼務も可能です。注意が必要なのが「会社秘書役」です。会社秘書役は日本にはない香港独特の役職です。会社秘書役は、香港の法律に則り各種書類を準備・提出・保管するほか、会社の登記事項が変更になった場合に手続きを行い、取締役会や株主総会などの議事録を作成することが主な業務となっています。会社秘書役は、株主や取締役と違い、18歳以上の香港居住者または香港に登記され香港で事業を行う法人である必要があります。次に会社設立に際しては資本金を用意する必要があります。最低資本金額はありませんから1香港ドル以上で設立可能となっています。香港で会社設立する場合、会社が発行できる株式の総額である「授権資本金」の0.1%を資本登録料として納める必要があります。事務所の所在地も定めなければなりませんが、香港の会社設立を代行している業者などに依頼した場合、その業者の住所を借りることもできます。あとは会社名など必要事項を決定すれば、登記申請になります。登記申請自体は、問題がない限り、会社登記所で一度の手続で行うことができ、電子申請であれば法人設立・商業登記の証書が1時間で発行されます。紙の申請だと多少時間がかかり、4営業日程度の時間がかかります。